• ホーム
  • ネキシウムとセルベール整胃錠、ランゲルハンス島

ネキシウムとセルベール整胃錠、ランゲルハンス島

吐いている女性

胸焼け・胃もたれ・食欲不振など、胃の不調にはさまざまな原因があり、それに応じて効き目のある薬も異なります。
ネキシウムは世界中で最もよく売れている胃薬のひとつで、胃酸の分泌を抑える作用があります。
胃酸は食物の消化に不可欠であり、胃に侵入した細菌を殺す働きも持っていますが、胃粘膜が弱っていると炎症を起こす原因になります。
ネキシウムは胃酸過多による胃潰瘍や、逆流性食道炎に効果を発揮します。

セルベール整胃錠は胃粘液を増やす作用のある第2類医薬品で、医師の処方がなくても購入できます。
胃酸そのものを減らす効果はありませんが、粘液を増やすことで胃酸から粘膜を保護します。
胃酸のほかアルコールなどの刺激に対しても有効です。
また健胃生薬の成分が配合されており、弱った胃に活力を与える効果が期待できます。

通常の場合、ネキシウムは1日1回服用します。
セルベール整胃錠は1日3回、食後に服用します。
ネキシウムは最大8週間までの服用とされています。
しかし長い間服用しても効果が見られない場合は、別の病気を疑ってみる必要があります。
脂っこい食事や飲酒の後で腹が痛む症状は、膵炎の可能性があります。

膵臓は膵液という消化液のほかに、血糖値を調節するホルモンも分泌しています。
ホルモンを分泌する細胞は全体の1割ほどで、ランゲルハンス島と呼ばれています。
この部分に異常があると、低血糖症や糖尿病の原因になります。
膵炎の原因としては、アルコールの摂りすぎが最も多いと考えられています。

胃薬があるからといって、暴飲暴食をすることは慎まなければなりません。
また薬を飲んでも症状が改善しないときは、服用を中止して医師に相談することが大切です。