• ホーム
  • ネキシウムを服用する時の注意点

ネキシウムを服用する時の注意点

お腹を押さえている女性

ネキシウムは逆流性胃腸炎の治療のために使われる薬ですが使用する時には注意点があります。

まず薬物に対する過敏症のある方は使用することができません。
他にも肝障害のある方は使用を控えましょう。
というのも肝障害のある方が使用してしまいますと血中濃度が高くなる可能性があるからです。

またこの薬を飲む時には必ず内視鏡検査などをして癌が無いかどうかを調べましょう。
実はネキシウムを服用することにより胃がんや食道がんの症状を隠してしまう可能性があるからです。

胃の不快感などがある場合もしかすると逆流性胃腸炎ではなくガンの可能性もありますので必ず検査をしましょう。
もしも自分の判断だけで薬を飲んでしまいますとガンが進行してしまい取り返しのつかない状態になる場合もあります。
他にも高齢の方もネキシウムを服用することはできません。

薬の飲み合わせにも実は注意が必要でアタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩などの系統の薬を飲んでいる場合はこれらの効果が低くなってしまう恐れがあります。
通常薬は医師により処方されるものですが最近ではネットで自分で買うこともできます。
その場合は完全に自己責任になりますので自分でこの薬を使っていい事例なのかどうかしっかりと判断しなければいけません。
もしも不安な場合はまず医師からネキシウムを処方してもらい、その後に自分でネットで買うようにしましょう。

また、基本的な注意点ですができるだけネキシウムは最小限の量だけを服用するようにしましょう。
その後で経過を観察するようにしましょう。
最初は胃の不快感が強かった場合でも改善していけば薬の量を減らすこともできます。
その他薬の注意書きにかかれていることは必ず熟読しましょう。