• ホーム
  • 妊婦と逆流性食道炎|ネキシウムの効果とぶり返し

妊婦と逆流性食道炎|ネキシウムの効果とぶり返し

妊婦は逆流性食道炎になりやすいと言われています。
ちょうどつわりが始まる妊娠中期には、子宮がどんどん大きくなり、胃が子宮の影響を受けて圧迫されるようになります。

ちょうど胃が下から突き上げられる形になるので、胃酸が逆流しやすくなります。

また、妊娠中のホルモンバランスが変化することが関係している場合もあります。
黄体ホルモン(プロゲステロン)は、胃の消化機能を抑えてしまう作用があります。
そのため、消化がうまくできなくて胃酸の分泌が増えてしまい、逆流が起こりやすくなります。
つわりだけでも辛いのに、逆流性食道炎になってしまうとかなり体に負担がかかります。

有効な対策として、消化の良いものを少しずつ摂取したり、お腹を圧迫する姿勢を避けたり、横になる時には上半身をやや高くして胃酸が逆流しないようにするなどがあります。
マタニティウェアなど、体を締め付けない服装を心がけることも有効です。

胃酸が出すぎて辛いという場合には、ネキシウムが有効です。
しかし、妊娠中はネキシウムの有効性が逆流性食道炎のリスクを上回らない限りは、使わないほうが良いことになっています。
妊婦への投与のデータはあまりないので確実なことは言えませんが、勝手に服用するのは控えたほうが良いでしょう。

逆流性食道炎は、いったん症状が落ち着いたようにみえてもぶり返しが起こることがあります。
油断して胃酸の分泌を促す食べ物を摂取したり、刺激物を摂取すると食道がヒリヒリして痛む可能性があります。

このぶり返しを予防するには、高脂肪食や甘いものなどは大量に食べないようにしましょう。
また、体に良いからといって食物繊維の多い野菜を食べ過ぎると消化機能が落ちて、胃に負担がかかる可能性があります。