• ホーム
  • 胃の疾患にウイルス性の胃腸炎でも処方のネキシウム

胃の疾患にウイルス性の胃腸炎でも処方のネキシウム

最近なんだか胃痛を感じたり、胃の不調を感じる方は次のいずれかの胃の疾患が考えられます。
胃酸過多とは胃腸内で胃酸が過剰に分泌される症状を示します。
主な原因で強いストレスなどで自律神経のバランスに乱れが生じることで発症すると言われています。

胃酸過多の主な症状は胸やけや胃液の逆流・口内の酸っぱさや胃もたれなどがあります。
逆流性食道炎は胃酸が食道に流れ込んで、炎症を引き起こす胃の疾患です。
この疾患は胃腸の機能低下や慢性的なストレスなどで、胃酸が多量に分泌されるのが主な原因とされています。
また逆流性食道炎の主な症状は強い胸やけが挙げられます。

胃の疾患でよく耳にする胃潰瘍とは強い酸性を示す胃酸が過剰に分泌することで、胃の粘膜を著しく損傷することで引き起こされます。
胃潰瘍の主な原因にはピロリ菌の感染などがあり、一般的な症状としては胃痛や嘔吐・吐血や血便などがあります。
十二指腸潰瘍は過剰に分泌された胃酸が十二指腸に流れ込むことで激しく傷つけてしまうことで発症するのが特徴です。

主な原因にはピロリ菌の感染や乱れた食習慣に過度な飲酒や喫煙などが考えられます。
これらの胃の疾患以外にも冬場に流行するウイルス性の胃腸炎なども胃の不調を起こす疾患の1つです。

胃の疾患を発症した場合医師の処方する薬剤で最もメジャーなのがネキシウムです。
ネキシウムとは最新のプロトポンプ阻害薬であり、従来の胃の疾患の薬剤よりも優れた効き目を発揮することで人気となっています。
ネキシウムの最大の特徴は胃液の分泌を強力に抑制する作用がある点です。
また様々な胃症状の原因となっているピロリ菌を除菌する効果にも期待が出来ます。

ネキシウムは1日1回の服用で胃酸過多や胃潰瘍・十二指腸潰瘍や逆流性食道炎の症状を緩和する効果があります。
また飲んですぐに症状を緩和する即効性の高さにも定評があります。